心と体で悩んでいる方へのメッセージ

 

 

2011年、東日本大震災の時に宮城県亘理町の数か所の避難所で

私は整体ボランティアとして活動しました。

その際に生と死について多く悩みました。

そこで出会った方々の影響で滋賀に戻ってから山歩きを始めました。

比良山系や鈴鹿山脈、アルプス、八ヶ岳などにも行くようになりました。

いろいろなご縁があり、山岳遭難にあった方の捜索をするボランティアにも

参加するようになりました。

いくつかの悲しい現場に出合い、
生と死、生きている者の体と心について多く考えました。

 

元気な体に「戻す」。

そんな耳障りのよいキャッチコピーが整体の世界ではよく見受けられます。

私も正直、今まではそのつもりでした。

が、しかし「時間を戻す」ことはできません。

「生老病死」。

これは生きている者は避けて通ることはできません。

整体にできることは何なのか?

 

 

自然の中を歩くことで感じたこと。

諸行無常、生と死、命の素晴らしさとはかなさ。

いつなくなるとも、わからないからこそ、かけがえのない命。

 

だからこそ、体と心を整えて精一杯、今を生きてほしい。

「生」を思う存分味わってほしい。

そう考えるようになりました。

そして、整体にはそれができると確信を持ちました。

 

「人は必ず自分の命の力を発揮できる。」


整処千楽也の整体とカウンセリングとトレーニングが

かけがえのないあなたの命の輝きを取り戻す力になれれば幸いです。

 

 

 

2017年 整処千楽也 院長 谷口哲也

                                       滋賀県多賀町 霊仙山